月5千円稼ぐためのノウハウレビュー
アフィリエイトで月5千円稼ぐことは難しくありません。続けていればできます!ノウハウコレクターだった過去の自分自身に伝えたいことをまとめています。

tomこと松原智彦さんのことについて以前記事にしたのですが、ここ数日間アクセスが少し集まってきています。
たぶん、最近になって発行されたメルマガが影響しているのでは?と推測しています。

松原智彦さんは、現実を常に思い出させてくれるメルマガを発行しています。

松原智彦さんの過去が語られた

2017年3月12日、【日曜版】もう6年 というタイトルで発行されたメルマガ。
3月12日に届くメルマガで、もう6年、と書かれていたら、何を連想しますか?

東日本大震災

と連想すると思います。私もそうでした。松原智彦さんは、広島や長崎の日のことについてもメルマガで触れます。ですので、東日本大震災の話なのだろうと思ったのです。
でも、読んでみると内容は少し違ったものでした。

あの震災と同じ日に、身内の葬式を出したとのことでした。
身内とは松原智彦さんの娘だそうです。

何歳で亡くなったとか詳しいことはわかりません。

松原智彦さんのもとへ、

「6年も経ったら忘れるんですね、
今年はメルマガで書かなかったですよね、
結局そんなもんですよね、
薄っぺらい人だなと関心しました。」

(原文のまま引用)

というメッセージが届いたことで書かれたメルマガのようです。

メルマガ後半のメッセージを何度も読み直してしまいました。

震災なんて自分の所には起こらない?

震災が無くても
いくらでも事故に遭ったり
病気になったり、
トラブルに巻き込まれる人なんているでしょうが。

あれだけ報道されても、自分自身に置き換えて危機管理をするというのは難しいです。熊本の地震のときに、あるインタビューをテレビでみました。

「まさか、ここでこんな大きな地震がおきるなんて思っていなかった」

テレビであれだけ報道されていた東日本大震災は、他人事にうつってしまうということです。報道を見て、大変だ、かわいそう、などという感情が沸き起こるとしても、本当に自分自身に起こるかもしれないという危機感は起きにくいです。

震災を経験しても薄れてしまう記憶

私は、新潟県の中越地震を経験しました。停電が続き、ライフラインがすべて止まったことで、0歳だった息子へのミルクを作るのも大変でした。哺乳瓶を消毒などということはできず、離乳食もない。山に囲まれた田舎だったので、道路が寸断されたことによって数日間の生活はとても苦しかったです。

経験した身でありながら、3.11のときは、新潟ではあんな大災害はもうないだろう、という考えがどこかにあったと思います。

私が小学六年生のとき、家が火事になり弟を亡くしました。中学入学前の春休みでしたので、新しい制服やカバンなどの入学準備品はすべて失いました。
今でも、入学の季節、新しい制服を見ると、あの時のことを思い出します。

せっかく買ってもらった制服がなくなり、頂き物のお古を着て通った中学校。

周囲の人の気持ちはうれしかったけど、やっぱりあの新しい制服を着て通いたかったです。
そんな経験がありながら、火災のニュースを見ても、大変だな、と思うだけです。心は痛みますが、やはりどこか他人事。

でも、いろんな経験をしたからこそ、一日一日、無事に暮らせていることのありがたさはわかっているつもりです。人と人とのつながりのありがたさもわかります。

できる限り子どもたちのそばに居たい。
そんな願いは、過去の経験から来ているかもしれません。

だから、自宅で稼ぐことができるアフィリエイトを選んでいます。

まずは無料で勉強してみませんか?
今ならこの無料セミナーがおすすめです。

最先端ビジネス継承セミナー

過去の松原智彦さんのメルマガが気になりますか?
当ブログでおすすめしている商品の購入特典としてバックナンバーをお渡ししています。
限られた人だけが手にしたバックナンバーパックとなっています。

松原さんがどのようにして成果をあげていったのかという軌跡がわかります。

→ ランク付けについて

ランキング上昇中!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。